NOSAI用語集

           
  [■あ行]  [■か行]  [■さ行]  [■た行]  [■な行]  [■は行]  [■ま行] 
待期間 たいきかん  家畜共済において、共済責任の始まった日から2週間以内に共済事故が発生したときは、加入者はその共済事故の原因が共済責任の始まった後に生じたことを証明しなければ共済金を請求することができません。この期間(2週間)を待期間、この間に生じた共済事故のことを待期間中の事故と呼んでいます。
単位当たり共済金額 たんいあたりきょうさいきんがく  共済目的の種類(水稲・麦)ごとに、その前年産の政府買い入れ価格を最高額の基準として、農林水産大臣が毎年2種類以上の金額を告示する。水稲にあっては、全国を地域区分し、それぞれの地域の品種別作付割合および他用途利用米の生産割合に応じて地域に適合する単位当たり共済金額を定める。
当然加入・当然成立 とうぜんかにゅう・とうぜんせいりつ  農作物共済において、一定の基準の面積以上を耕作する農業者は、その意志の如何にかかわらず、法の定めにより当然に加入し、当然に共済関係が成立することをいいます。
特定園芸施設 とくていえんげいしせつ  園芸施設共済において、野菜や花などの農作物を栽培するためにその全体が被覆されているガラス室およびプラスチックハウス(雨よけハウスを含む)をいいます。

  京都府農業共済組合(NOSAI京都)
    〒604−0842
    京都市中京区押小路通烏丸東入西押小路町115番1
    TEL:075−222−5700 FAX:075−222−5701