NOSAI用語集

           
  [■あ行]  [■か行]  [■さ行]  [■た行]  [■な行]  [■は行]  [■ま行] 
払込期限 はらいこみきげん  共済掛金の払い込み期限について、原則として各共済事業とも共済責任期間の開始前となっています。特に家畜・園芸施設および建物共済では、共済掛金が払い込まれた後に共済責任が開始されます。
引受収量 ひきうけしゅうりょう  農作物・畑作物共済において、組合員の基準収穫量に補償割合を乗じて得た収量のことで、被害があったときに共済金を支払う際の共済減収量の最高限度に相当するものです。
病傷事故 びょうしょうじこ  加入家畜の疾病および傷害に対し、共済金を支払う対象となる疾病等をいいます。
無事戻し ぶじもどし  加入者が一定年間支払共済金を受けないとき、または支払いを受けた共済金が一定の額に満たないときは、当該農業共済組合はその加入者に対して、共済掛金の一部に相当する金額を払い戻すことを無事戻しといいます。
 ただし、総代会の議決や収支状況によっては、お返しできない場合があります。
附帯施設 ふたいしせつ  特定園芸施設内で、農作物を栽培するのに必要な暖房施設・かん水施設・換気施設・自動制御装置などをいいます。
付保割合 ふほわりあい  家畜および園芸施設共済における共済価額、または基準収穫金額に対して共済が補償する割合をいいます。農家は、これらの共済についてあらかじめ定められた付保割合の範囲内で共済金額を選択することになります。
 この付保割合の最高は、家畜および園芸施設共済が8割、最低の割合は4割(家畜共済は2割)となっています。
分割評価 ぶんかつひょうか  農作物・畑作物・園芸施設共済の損害評価において、肥培管理の粗放または不行き届き、病害虫防除の不適切、その他共済事故以外の原因による減収量と共済事故による減収量とを分けて評価することです。その減収量については共済金の支払対象から除かれます。
包括加入 ほうかつかにゅう  家畜共済において、加入者の飼養する加入資格のある家畜は全頭加入することになっており、その対象は、乳牛の雌、肉用牛等です。
 ただし、乳用及び肉用子牛等、肥育子牛の加入は選択できます。

  京都府農業共済組合(NOSAI京都)
    〒604−0842
    京都市中京区押小路通烏丸東入西押小路町115番1
    TEL:075−222−5700 FAX:075−222−5701