農政トピックス

           
一覧

中国が新潟県産米の輸入規制解除(11月29日)

 農林水産省は、東京電力福島第1原発事故に伴い中国政府が措置してきた日本産農林水産物・食品の輸入規制のうち、新潟県産米の輸入規制が11月28日付で解除されたと発表した。中国が原発事故に伴う輸入規制を緩和するのは約7年ぶり。


日欧EPA承認案が衆院可決(11月29日)

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)の承認案が、衆院本会議で与党などの賛成多数で可決した。ただ、審議時間が短いなど批判も出ており、参院での審議に注目が集まっている。


日本食のPRへ新プロジェクト準備(11月28日)

 農林水産省は「食・駆けるプロジェクト」の準備委員会を開いた。訪日外国人が増加する中、滞在中の体験に「食」を組み込ませることで日本食・食文化をPRするとともに、帰国した外国人が自国で再体験できる方策を検討・構築し、日本産農産物・食品の輸出拡大につなげるのが目的。まずは来年3月までに旅や文化、歴史などと「食」を組み合わせた先進事例を選定、横展開を図る方針だ。


政府 重要インフラ緊急点検の対応策示す(11月27日)

 政府は、重要インフラの緊急点検に関する関係閣僚会議を開き、「平成30年7月豪雨」などを受けて行った緊急点検(132項目)の結果と対応方策を示した。農業分野では、畜産関係施設等で停電時の対応計画が作成されていない状況が確認されたことから、計画の作成などを進め、生乳・食肉の持続可能な生産・流通を確保する体制の整備などを盛り込んだ。12月に改定する国土強靱(きょうじん)化基本計画に反映させ、対策を3年間で集中的に実施する。


温室効果ガス平均濃度が最高更新(11月22日)

 世界気象機関(WMO)は、2017年の世界の主要な温室効果ガスの平均濃度が観測史上最高を更新したと発表した。このうち二酸化炭素(CO2)は前年に比べ2.2ppm増の405.5ppmで、産業革命前に比べ46%も増加した。メタンや一酸化二窒素もそれぞれ最高値を更新した。



  京都府農業共済組合(NOSAI京都)
    〒604−0842
    京都市中京区押小路通烏丸東入西押小路町115番1
    TEL:075−222−5700 FAX:075−222−5701