農政トピックス

           
一覧

18年産米1等比率は70.6% 7月31日現在(2018年8月31日)

 農林水産省は、2018年産の水稲うるち玄米の1等比率は7月31日現在で、前年同期比16.5ポイント高い70.6%となったと発表した。17年産は同時期として直近5年で最低だったが、18年産は2番目に高くなった。2等以下への格付け理由は、着色粒(カメムシ類)が30.7%で最も多く、心白と腹白が25.8%、充実度が22.4%、整粒不足が12.2%だった。


  京都府農業共済組合(NOSAI京都)
    〒604−0842
    京都市中京区押小路通烏丸東入西押小路町115番1
    TEL:075−222−5700 FAX:075−222−5701