農政トピックス

           
一覧

農研機構が豪雨の水田地域リスク評価を開発(2018年7月5日)

 豪雨災害が多発する中、米の被害防止に向け、農研機構が豪雨時における水田地域のリスク評価手法を開発した。過去数十年分の雨量や農地情報などに基づき、流域ごとに水稲が完全に冠水した場合などの減収量を推定。さらに気象変動に伴い「10年に1度」の豪雨の発生が増えた場合のリスクなども試算できる。今後、土地改良事業をはじめ、地域での防災・減災の取り組みなどへ活用を促す。


  京都府農業共済組合(NOSAI京都)
    〒604−0842
    京都市中京区押小路通烏丸東入西押小路町115番1
    TEL:075−222−5700 FAX:075−222−5701