農政トピックス

           
一覧

ビワ種子粉末の食品から高濃度天然有害物質(2017年12月6日)

 ビワの種子を粉末にした食品から、天然の有害物質が高濃度で検出され、製品が回収される事案が複数あったとして、農林水産省が種子の加工品を摂取しないよう呼びかけている。ビワやアンズなどバラ科植物の未熟な果実や種子の部分には、アミグダリン(シアン化合物の一種)などの有害物質が多く含まれており、多量に摂取すると健康を害する恐れがあるが、インターネットなどでビワの種子は健康に良いとのうわさが出回っているという。同省は種のまま調理する場合も注意が必要としている。


  京都府農業共済組合(NOSAI京都)
    〒604−0842
    京都市中京区押小路通烏丸東入西押小路町115番1
    TEL:075−222−5700 FAX:075−222−5701