農政トピックス

           
一覧

小麦収穫量は14%増の90万4900トン(2017年11月21日)

 農林水産省は、小麦の全国の収穫量(子実用)は14%増の90万4900トンとなったと発表した。作付面積は1%減の21万2300ヘクタールだったが、好天により、10アール当たり収量が15%増の426キロに大きく伸びた。二条大麦の収穫量は10%増の11万8千トンで、はだか麦の収穫量は27%増の1万2700トン。いずれも作付面積は前年並みで、好天で10アール収量が前年を大幅に上回った。一方、六条大麦の収穫量は4%減の5万1200トンで、作付面積が1%減となり、北陸地域での播種期の降雨の影響などで10アール当たり収量が4%減となった。


  京都府農業共済組合(NOSAI京都)
    〒604−0842
    京都市中京区押小路通烏丸東入西押小路町115番1
    TEL:075−222−5700 FAX:075−222−5701