農政トピックス

           
一覧

9月の米国産牛肉の輸入量が急増(2017年10月31日)

 9月の米国産牛肉の輸入量が冷蔵は前年同月比48.9%増の1万3632トン、冷凍は同20.6%増の1万405トンになったと、農林水産省が公表した。赤肉を中心とした国内需要の拡大が要因で、8月から緊急輸入制限措置(セーフガード、SG)が発動され、関税率が引き上げられている冷凍牛肉も前年を上回っている。なお、同省は、SGが発動されても輸入業者がすぐに仕入れ先などを変更するわけではないものの、「SGがあること自体が急激な輸入増加の抑制につながっており、今後もその役割は重要」(食肉鶏卵課)と強調している。


  京都府農業共済組合(NOSAI京都)
    〒604−0842
    京都市中京区押小路通烏丸東入西押小路町115番1
    TEL:075−222−5700 FAX:075−222−5701