「信頼のきずな」未来につなげる運動

 全国のNOSAI団体では、平成22年4月から5年間の運動期間を設定して始まった「信頼のきずな」未来を拓く運動において、地域とNOSAIの未来を切り拓くため、役職員が生産現場に積極的に出向いて農家と対話する行動を積み重ね、地域農業と農村活力の再生を目指す農家・地域の取り組みを支援してきました。
 また近年は、過去に経験のない規模の自然災害等が頻発し、NOSAI制度の役割がますます重要になっていることか ら、これまでのフィールド活動をさらに強化し、農家とNOSAIの「信頼のきずな」を未来につなげることを目指し、次の2点を重点項目として積極的に取り組みます。
 1.「災害による損失の補てんと未然防止」を地域のすべての農家に着実に提供するため、NOSAI制度の普及推進に取り組みます。
 2.新しい収入保険制度の仕組み、農家ニーズを踏まえた現行制度の改善検討について積極的に提案するとともに、組織体制の強化、役職員の資質向上に取り組みます。

運動の期間

平成27年度から平成29年度までの3年間

運動の目標

安心ネットを広げ つなげよう農家・地域の未来

行動スローガン

さらなるフィールド活動へ

運動の推進課題

1.提案型推進を中心とした多様な経営体への制度普及

災害対策としてのNOSAI制度の機能を最大限に発揮し、農業経営のセーフティーネットとしての役割を地域のすべての農家に広げるため、共済資源の把握に努め、提案型推進を中心とした引受拡大に取り組みます。
 さらに、地域農業や農政の変化に対応し、収入保険制度の仕組みについての提案や現行制度の改善検討に取り組みます。

2.リスクマネジメント(RM)活動の充実・強化

RM活動を通して、生産性の向上やコストダウンなど個々の経営体の経営を支援するとともに、被害実態や農家ニーズを踏まえた損害防止活動を、関係機関と連携して取り組み、農家・地域の信頼を確かなものにします。

3.事業運営基盤の強化

組織体制強化の取り組みを通して担い手や大規模法人、集落営農、小規模農家など、多様な経営体に柔軟に対応できる組織の構築を目指します。
 また、コンプライアンスの徹底や情報開示・発信の充実に努め、農家や国民に信頼される組織への取り組みを強化します。

4.広報・広聴活動の充実・強化

事業推進と一体となった活動として、農家との対話を接点強化の基本とし、広報紙や農業共済新聞、ホームページなど広報媒体を積極的・効果的に活用して、農業・農村の振興に貢献できる営農や暮らしに役立つ有益な情報の提供に努めます。


  京都府農業共済組合(NOSAI京都)
    〒604−0842
    京都市中京区押小路通烏丸東入西押小路町115番1
    TEL:075−222−5700 FAX:075−222−5701