農業共済新聞の紹介

近畿版京都支局記事

2018年6月2週号

空き家再活用して風情ある農家民宿

山本 理文さん 宇治田原町

山本さん

「茶文化かおる和空間で憩いのひと時をどうぞ」と山本さん

 宇治田原町で築100年以上の製茶工場をリノベーションした、同町初となる農業体験型宿泊施設「MARU+JYU(まるじゅう)」がオープンして2年目を迎える。
 「さまざまな体験を通して、かけがえのない時間を過ごしてほしいです」と話すのは、企画者の山本理文(まさふみ)さん(31歳)。
 初夏には茶摘み、秋には稲刈りやシイタケ刈りなど四季折々の風情を提供する。
 宿泊施設は、黒谷和紙を使った市松模様の壁と縁無し畳が調和し、照明の京地張り提灯が落ち着いた和の空間をつくりだす。
 著名なアーティストによる細部まで手の込んだ内装で、「心地よい」「趣がある」と国内外から旅行者が足を運ぶ。
 今後は、「町内に増えつつある空き家を、農家民宿として再活用することによって、ふるさとの活性化に役立ちたいです」と山本さんは話す。


  京都府農業共済組合(NOSAI京都)
    〒604−0842
    京都市中京区押小路通烏丸東入西押小路町115番1
    TEL:075−222−5700 FAX:075−222−5701