農業共済新聞の紹介

近畿版京都支局記事

2018年5月3週号

私を輝かせる農の魅力

黒田 真紀さん 亀岡市

 農業には女性の活躍が欠かせません。農業に携わる女性に、「農の魅力」や、心掛けていること、将来の展望を聞きました。

黒田さん

「一人で行う経営を工夫しています」と黒田さん

 子供のころからなじみのある農業に就きたいと思い、大学卒業後に農業大学校に進学。卒業後は農地所有適格法人で5年間勤務し、独立して4年目になります。過去の経験を生かし、自分のペースで仕事ができることが独立の魅力です。
 「九条ねぎ」を周年栽培し、年間約30トン出荷しています。一人で行える経営内容を考え、手間の掛かる収穫作業は外部委託し、作業の軽減を図っています。
 生産量の確保と品質向上のためには良いものを柔軟に取り入れ、挑戦することを大切にしています。クラウドサービスでの作業管理は、圃場で確認できる点が便利です。
 ネギは湿度に弱いので排水管理には苦労します。連作障害対策には圃場をローテーションし、防風対策にソルゴー障壁栽培を導入したり、雑草防除にグラウンドカバープランツを使用するなど工夫しますが、昨年は、6月中旬から8月中旬の長雨の影響で一部で収穫と作付けができず、収入が半減しました。
 今後は、まず生産を安定させ、GAP(農業生産工程管理)認証の取得を目標にしながら、地域の農業を活気づけていきたいです。

▽くろだ まきさん(34歳)、ネギ70アール、ハウス1棟


  京都府農業共済組合(NOSAI京都)
    〒604−0842
    京都市中京区押小路通烏丸東入西押小路町115番1
    TEL:075−222−5700 FAX:075−222−5701