建物共済

  

加入できるものは

  府内に住所があり、農業を営む人が所有または管理している住宅、納屋、畜舎などが対象です。

NOSAIの建物共済の5つの魅力

 1.共済掛金が安い
 2.継続特約での加入はさらに掛金がお安くなります
 3.物価上昇に応じて加入金額(共済金額)を増額でき、経済変動に強い
 4.契約期間中、損害割合が80%未満の事故であれば何度でもお支払いします。
 5.罹災時の手続きはいたって簡単。損害額が決まればすぐにお支払いします。

共済の種類と補償内容

  火災共済は6,000万円まで、総合共済は2,000万円まで、セットで6,500万円まで補償されます。

補償される期間は

  共済掛金を払い込んだ日の午後4時から1年後の午後4時までです。

共済掛金は

  

   掛金は、年払いで用途、構造で異なります。

  

共済金の支払いは

  共済価額3,000万円(総合共済2,000万円、火災共済1,000万円)の加入の場合に、300万円の損害を受けたときの支払額は

  

      ※共済価額=再建築価額×時価率

各種費用共済金

 損害共済金のほか、次のような各種費用共済金が別途支払われる場合があります。

  


  京都府農業共済組合(NOSAI京都)
    〒604−0842
    京都市中京区押小路通烏丸東入西押小路町115番1
    TEL:075−222−5700 FAX:075−222−5701