農作物共済

  

加入できるのは

  府内に住所があり、水稲は20アール、麦は10アール以上耕作している農家は法律により、必ず加入(当然加入)することになっています。
 水稲は20アール未満、麦は10アール未満の方は、申し込みにより加入(任意加入)できます。

対象となる災害は

  風水害、干害、冷害、地震等による自然災害、いもち病、ウンカ等の病虫害、鳥獣害、火災などが対象となります。

補償される期間は

  水稲・・・本田移植期、または直播にあっては発芽期から収穫まで
  麦・・・・・発芽期から収穫まで

補償の内容は

一筆方式・・・水稲、麦
   耕地一筆ごとに契約を結ぶ一筆単位引受方式で引き受けます。
   耕地一筆ごとに基準収穫量の7割を補償します。
    ※水稲については、他に全相殺方式(9割補償)等ニーズに応じて
      加入できます。

  ※kg当たり共済金額:玄米(麦)1kg当たりの政府買入価格等をもとに
    農林水産大臣が告示した金額。

災害収入共済方式・・・麦
  収穫物の減少に加え品質低下に伴う生産金額の減少も補償の対象となります。
  農家ごとに基準生産金額の9割(共済限度額)を補償し、品質を加味した収穫量が基準収穫量を下回り、かつ生産金額が共済限度額を下回った場合、共済金の支払対象となります。

  ※生産量の概ね全量をJA等に出荷していることが加入要件となります。
    引受方式及び補償割合は、他に選択することができます。
    付保割合は、4〜9割の範囲で選択することができます。

共済掛金は

  掛金の約50%(水稲50%、麦50〜55%)を国が負担しています。
  掛金は、共済金額に掛金率(過去の被害率を基に3年ごとに改定)を乗じて算出します。

共済金の支払いは

  共済事故によって減収となり、組合が被害調査及び損害評価を行い、基準収穫量に対し3割を超える被害があると認められた場合、共済金が支払われます。災害収入共済方式の場合は、品質を加味した収穫量が基準収穫量を下回り、かつ、生産金額が共済限度額(基準生産金額×90%)を下回ったときに、その差額に対して共済金が支払われます。なお、麦災害収入共済方式では、収穫量をJA等の出荷データに基づいて判断します。

 【例】面積が10アール、基準単収(10アール当り基準収穫量)が500kg
    の一筆のほ場で、収穫見込単収が150kgの場合
      共済減収量=(500kg×7割=350kg)−150kg=200kg
      支払共済金=200kg×194円(H30年産)=38,800円


  京都府農業共済組合(NOSAI京都)
    〒604−0842
    京都市中京区押小路通烏丸東入西押小路町115番1
    TEL:075−222−5700 FAX:075−222−5701