畑作物共済

  

加入できるのは

  府内に住所があり、大豆、小豆を栽培している農家が対象です。茶については、農林水産大臣が定めた地域の農家が対象です。
  大豆(類区分)、小豆、茶(類区分)ごとに5アール以上栽培している農家が加入できます。
  ※著しく粗放・放任的な栽培方法をしている方は加入できません。

対象となる災害は

風水害、寒干害、ひょう害、凍霜害などの気象災害、火災、病虫害および鳥獣害

補償される期間は

  大豆・小豆・・・発芽期(または移植期)から収穫期まで。
  ・・・・・・・・・・冬芽の成長停止期(12月)から一番茶を収穫するときまで。
             (一番茶収穫以降の二番茶等は共済対象になりません。)

補償の内容は

  大豆一筆方式
   耕地一筆ごとに基準収穫量の7割を補償します。

  大豆・小豆の半相殺方式
   農家ごとに基準収穫量の8割(小豆は7割)を補償します。
    ※大豆については、JA等の出荷資料が得られる場合、他に全相殺方式
      (9割補償)の選択ができます。

  茶の半相殺方式
   類ごとに基準収穫量の7割を補償します。

共済掛金は

  掛金の55%を国が負担しています。

      

  ※共済掛金等は引受方式により異なります。

共済金の支払いは

  共済事故によって減収となり、見込み収穫量が引受収量よりも少ない場合、その差の減収量に対して共済金が支払われます。

  ※引受収量=基準収穫量×補償割合
     一筆方式7割、半相殺方式8割(小豆・茶は7割)、全相殺方式9割
     kg当たり共済金額=大豆・小豆ごとに、農家の手取り価額(庭先価格)を上限
   として国が定める金額

お支払いできない被害は

・肥培管理が粗放などの人為的被害による場合
・薬害・車両の飛び込み・盗難による場合


  京都府農業共済組合(NOSAI京都)
    〒604−0842
    京都市中京区押小路通烏丸東入西押小路町115番1
    TEL:075−222−5700 FAX:075−222−5701