園芸施設共済

ハウス連棟

  

加入できるものは

  府内に住所があり、プラスチックハウス、ガラス室、雨よけ施設などで農作物を栽培している農家が対象です。
  施設本体とともに、施設内農作物や附帯施設も加入できます。
   ※所有している施設は全て加入しなければなりません。(全棟加入制)

加入方法は以下の4通りから選択できます
 方法1 特定園芸施設本体+附帯施設+施設内農作物
 方法2 特定園芸施設本体+施設内農作物
 方法3 特定園芸施設本体+附帯施設
 方法4 特定園芸施設本体
   注)さらに選択により補償内容が拡充できます(下記「補償の内容は」を参照)

対象となる災害は

 風害、水害、ひょう害、雪害、地震、その他気象上の災害(落雷)
 火災、破裂、爆発
 車両及びその積載物の衝突(賠償金の支払があった場合は除く)
 病虫害(病虫害事故除外方式に加入している場合は対象となりません)
 鳥獣害
   ※1.施設内農作物に係わる損害は、特定園芸施設の事故に伴わないものも対象
    となります。
   ※2.施設内作物を特定園芸施設とあわせて加入する場合、病虫害を共済事故と
    しない方式(病虫害事故除外方式)があります。その場合、共済掛金が割引され
    ます。

補償される期間は

  掛金を払い込んだ日の翌日から1年間です。
  施設本体の被覆期間が周年でない場合は、4カ月以上の短期加入もできます。

補償の内容は

  加入した施設(附帯施設、農作物を含む)の時価額(共済価額)の、4割から8割の
 範囲内で農家が申し込んだ割合(付保割合)の金額です。
  復旧費用補償を選択することにより、耐用年数以内の施設の補償価額は再建築
 価額の100%まで、耐用年数経過後の施設の補償価額は再建築価額の75%まで
 補償します。
  撤去費用補償を選択することにより、損害発生時の本体撤去に要する費用を補償
 します。

共済掛金は

  掛金の50%を国が負担しています。(復旧費用補償部分は国の負担はありません)
  共済掛金率はガラス室、パイプ、鉄骨等の区分ごとに施設本体及び附帯施設と施設内作物の別々に算定されます。

  

共済金の支払いは

  1棟ごとの損害額が、共済価額の1割以上または3万円以上の場合に、損害の程度により共済金が支払われます。

  

損害

お支払いできない損害は

 ・設備の故障及び老朽化によるもの
 ・降霜害、生理障害、薬害による施設内農作物の損害
 ・部材そのものに損害がない場合(ビニールのめくれ、ずれ落ちなど)
 ・盗難やいたずらによるもの、及び紛失(ネットが風で飛ばされ紛失した場合)
 ・小損害(3万円または共済価額の1割を超えない損害)


  京都府農業共済組合(NOSAI京都)
    〒604−0842
    京都市中京区押小路通烏丸東入西押小路町115番1
    TEL:075−222−5700 FAX:075−222−5701